人間と動物を分けるもの

信仰の本能とは、「目に見えないものを信じ、理解し、それに基づいて行動することができる」という性質のことです。何を信ずるのかといえば、伝統的には、「仏」や「神」という言葉で表わされるもの、すなわち「仏神」です。「仏神を信ずることができる」と…

試練から学び尽す

試練はそれほど長く続くものではないので、そこから学べるだけのものを学び尽くすことが大事です。いつかは必ず逆境から脱するのですから、それまでのあいだに教訓を学び尽くすのです。 『「アイム・ファイン!」になるための7つのヒント』 P.113 ※幸福の科学…

「人間の尊さ」の根本

「国民一人ひとりが、神の子、仏の子である」という思想が根本にあって初めて、民主主義は尊いものとなります。「基本的人権」の根本の姿は、「人間一人ひとりに、仏性(仏の性質)や、神性(神の性質)がある」ということです。これが、人間の尊さの根本な…

男は責任感の塊たれ

男は、基本的には、「責任感の塊」でなければ、やっていけないものなのです。自分に厳しく、成果がなくても耐えなければいけません。自分がうまくやったことについては、常々、「これは自分の力ではなく他人のおかげだ」と感謝し、また、自分が失敗したこと…

「救い」や「正義」を描く大切さ

美しい世界だけを描いていると、「美しい」とは感じないかもしれないので、対比が要るとは思います。ただ、この世を描きつつも、どこかで、「救い」や「正義」、あるいは、「天使たちの自己犠牲の思いや苦しみ」など、そういうものが、何を支えようとしてい…

「病」と「老い」について考える

人間の悩みの中で、「病」の持つ比重は実に大きい。健康であればこそ、地位や名誉、権力への欲も増大してくるが、病の時には、痛みや苦しみ、金銭的心労や、家族や社会にかける迷惑というマイナス思考、ネガティブ思考の虜になってしまう。 ワーク・ライフ・…

自らの仕事を大きな目でみる

毎日の仕事はパッとしないのかもしれないし、一年の仕事も十年の仕事も、振り返るとパッとしないかもしれません。あるいは、「自分の仕事は、大きな組織のなかの一部分を支えているだけ」といったこともあるだろうとは思います。しかし、ときどきは、自分自…

成功するための資源をつくる

「忍耐力」というのは、自分の才能や能力などが、まだまだ十分に開花していないか、あるいは、そうしたものを持っていないと思われるような人たちが成功するための、本当に大事な大事な資源なのです。この資源は、生まれつき持っていなかったとしても、「自…

子孫の悟りが先祖を成仏に導く

あの世は思いの世界であり、地上の人が考えていることは、あの世の霊にも伝わります。地上の人が、亡くなった人に対し、「あなたはこうした点が間違っていたのです。それを反省しましょう。私自身も努力して生き方を変えていきますから、あなたも修行しまし…

嫉妬社会の渡り方

世の中を行き渡っていくためには、「嫉妬をどのようにかわしていくか」「嫉妬をも利用しながら、いかにして駒を前に進めていくか」といった術を学ぶべきではないかと思います。 自分自身の「言いたい」「行動したい」という衝動と、周りの人々との調和を保つ…

神なくして、許しはない

やはり、神様なくして、人間性や、人間の道徳が向上することなどありえません。人は、自分たち以上、人間以上のものを信じることによって、崇高な気持ちを持つことができます。また、憎しみ合っている者同士がお互いに許し合い、和解し合うことができるのは…

魂の記憶が蘇るとき

みなさんの心の奥底には、今回の人生で数十年を生きた記憶のみならず、遠い遠い昔からの人類の過去を生き抜いてきた、魂の記憶があります。そして、それが甦ることが時折あります。それは、人生において、深い心の傷を得て、煩悶(はんもん)し、苦しみ抜い…

大きな夢を描くコツ

大きな夢を持つには、少し才能が必要です。もし、あなたが自分の中に大きな夢を描くことができないならば、それはあなたの天分に関係があるのだと思います。ですから、自分の未来について思慧する時間が少しでもあれば、できるかぎり素晴らしい夢を描いてく…

理想実現を目指して

ライバルや敵との競争に勝利することをもって、自分の人生の成功だと考えすぎないことです。「私は自分としての理想実現を目指している」というような、「わが道を行く気持ち」を持っていることが大事です。 『未来の法』 P.57 ※幸福の科学出版http://a07.hm…

人間関係は必ず改善できる

「いま、あなたがたの心のなかにある苦しさや失敗感が、人間関係によって生じているものならば、それは必ずや変更が可能であり、改善が可能である」ということです。人間には天変地異を起こすほどの力はありませんが、「人間関係で苦しんでいる人が、その人…

社内の整理整頓から見えるもの

「この会社に融資してもよいかどうか」ということは、工場の清掃状態を見れば分かりますし、経営者が見ていないところについても分かります。そういう部分には、従業員の志気や、仕事に対する情熱、使命感が表れてくるわけです。 『未知なるものへの挑戦』 P…

未来を開く代償の法則

やはり、「いかに多く捨てたか」ということが、「いかに多く成功するか」ということにつながっていくのです。「決断の際には痛みを伴うが、その痛みは、新しい時代を拓くために必要なものである」ということを知っていただきたいと思います。 『心を癒す ス…

勉強のポイントは「繰り返し」

勉強がよくできるようになるには、どうしたらいいだろう。勉強のポイントは「くり返し」なんだよ。「サーッと一回読んだだけで覚えてしまう。」という人もいるけれど、そういう人は、わすれるのも速いものだ。コツコツとくり返して勉強するのが、王道(正し…

国民主権の真意

「国民主権」といっても、国民に委ねられた主権は、「国民を構成している人間たちが、神、仏から、その尊い命を与えられているからこそのもの」です。そして、「その多くを護り、その多くを繁栄させる行為は、神様、仏様の願うところと一致するはずだ」とい…

勇気を持った人間

「世の中の人々の苦しみや悲しみを感じ取る心」を持つと同時に、自らもまた努力し、いろいろな苦しみのなかから道を拓いていけるような、そういう勇気を持った人間になっていくことが非常に大事だと私は思っています。 『教育の使命』 P.60 ※幸福の科学出版h…

負けない戦いを考える

組織を率いる者、あるいは政治家や軍人等もそうですが、リーダーというのは、基本的に、大勢の人の命を失わせるような問題に関しては、「負けない戦い」も考えなければなりません。勝つことを狙いたいところではあるでしょうけれども、まずは「負けない戦い…

ユートピアを目指す存在

あの世における幸福、来世における幸福を説くだけでも、宗教の使命としては充分でしょう。しかしながら、あえて、この世をも、ユートピア、幸福な世界に変えようと努力する人たちがいるのです。 これは、「この世とあの世を貫く幸福を実現しようとしている、…

家庭を持ったときを想定して

普通の人間よりも、何かで“プラスアルファ”的に処理していく能力というか、片付けていく能力が高くないと、家庭を持って仕事のレベルを落とさずにやっていくことは困難でしょう。また、「どうすればそうなるか」と言われても、やはり、そのようになりたいと…

心は自分で支配できる

自分の心は、自分自身で自由に支配することができます。つまり、「どのように物事を捉えるか」「どのように考え方をつくるか」ということは自由であり、各人に完全に任されている領域なのです。自分自身の心は、100パーセント、思うように動かせるわけです。…

人を惹きつける秘訣

長く人を惹きつけるためには、やはり、「そのときそのときの、いろいろな状況、環境の変化や事件に合わせて自分を変えていく力」が必要です。「自分を律して変えていき、状況に適応していく力」が要ります。 『心を育てる「徳」の教育』 P.114 ※幸福の科学出…

自らの愛に発展があるか

自己実現を強く願えば願うほど、愛の大切さを肝に銘じておかなければなりません。つまり、より大きな自己実現をした人ほど、より多くの愛を持った人でなければならないのです。自らの自己実現が進めば進むほど、自らの愛に発展があるかどうかを自己確認する…

目標にしたい心境

壮年や実年の方は、過去の失敗を隠蔽し、現状の自慢ばかりに走るのではなく、ふたを開けて中身を出し、ユーモラスに話ができるところまで行ってほしいのです。どうかこれを目標にしていただきたいのです。 『幸福への道標』 P.43 ※幸福の科学出版http://a07.…

会社発展のポイント

仕事においては、「今まで来ている人には引き続き来てもらえるように工夫しながら、新しい層を増やしていくこと」が非常に大事なことです。これで、発展するかどうかがほとんど決まります。 『仕事ができるとはどういうことなのか』 P.43 ※幸福の科学出版htt…

才能だけに頼ってはいけない

確かに、才能があるに越したことはないし、それを認めてくれる方がいれば、ありがたいことではあるかもしれません。しかし、「結果的に、自分の努力と成果がそうした評価についていけなかったら、それまでであるのだ」ということを知らなければいけないので…

食事・運動・睡眠のコントロール

体が弱ってくると、悪霊や悪魔を跳ね返せません。疲労していて、筋力も弱ってきているような状況だと、なかなか跳ね返せないので、できる範囲内で運動し、筋力を鍛えるなどしてほしいと思います。また、「睡眠の確保」も非常に大事です。睡眠不足だと、悪霊…